三遊亭圓歌

三遊亭歌之介 改め


三遊亭 圓歌さんゆうてい えんか


  • 1959(昭和34)年 鹿児島県生まれ
  • 1978(昭和53)年 三遊亭円歌に入門
  • 1982(昭和57)年 二ツ目昇進、三遊亭きん歌となる
  • 1987(昭和62)年 真打昇進、初代 三遊亭歌之介となる
  • 1991(平成03)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞
  • 2019(平成31)年 3月、
    四代目 三遊亭圓歌を襲名

爆笑王として知られる落語界の重鎮、三代目三遊亭圓歌を師匠にもち、次世代の爆笑王候補として早くから期待が寄せられていた。
噺家生活入門9年目にして、18人抜きの大抜擢で真打昇進を果たし話題となった。
古典新作の両方を器用にこなし、故郷では鹿児島弁の落語を披露するなど芸達者な落語家の一人。

新作落語には、自身の少年時代や母親のこと、さらには時事ネタや健康ネタまで豊富な題材が盛り込まれ、田舎出のローカル感覚を生かした絶妙な話芸が観客の爆笑を誘う。転失気」「替り目」などは独特の味わいを出し、出世作となった「寿の春」や高校時代の友人との爆笑の思い出を語る「田畑くん」、血液型をネタにした人気作「B型人間」など自作も多い。

1990年には鹿児島県から「さつま大使」の任命を受け、地元や九州で特に高い人気を誇る。精力的に展開する独演会や落語会の他にも、映画『ひっとべ』や『北辰斜にさすところ』に出演しており、幅広く活躍。
目の前の客を笑わせることに全身全霊を傾ける、熱き噺家である。

2019年3月、四代目三遊亭圓歌を襲名。


林家木久扇

林家 木久扇はやしや きくおう

  • 1937(昭和12)年東京都生まれ
  • 1960(昭和35)年桂三木助門下へ入門
  • 1961(昭和36)年 桂三木助没後、林家正蔵門下へ移り林家木久蔵となる
  • 1965(昭和40)年 二ツ目昇進
  • 1969(昭和44)年 日本テレビ『笑点』大喜利メンバーになる
  • 1973(昭和48)年 真打昇進
  • 2007(平成19)年 初代 林家木久扇に襲名
  • 2010(平成22)年 芸能生活50周年を迎える
  • 2016(平成28)年 NHK「みんなのうた」で親子3代ユニット
    『木久ちゃんロケッツ』による
    「空飛ぶプリンプリン」放映とCD発売

1969年から日本テレビ『笑点』大喜利のレギュラーメンバーを務め、現在のメンバーでは最も連続出演期間が長い。大喜利では「やぁね~」などのダジャレを繰り出す与太郎キャラとして高い人気を誇る。
高座では師匠を題材にした「彦六伝」や、「鞍馬天狗」「旗本退屈男」など日本の名作の数々を声色で綴る「昭和芸能史」といった、木久扇ならではの新作落語に加え、「鮑のし」「松竹梅」などの古典落語も得意とし、天真爛漫な話術で会場を常に湧かせる噺家である。

1981年には日本で初めてラーメンについての単行本を発表し、全国ラーメン党を結成して会長に就任。また画才にも長け多くの個展を開催し日本漫画家協会にも参加するなど、マルチな才能をもつ。

2007年、木久蔵の名を息子のきくおに譲り、落語界初の親子ダブル襲名を行った。
息子との共著『木久蔵流 がんばらない子育て』のほか、『バカの中身』、初の絵本『林家木久扇のラーメンてんぐ』など多くの著作物を発表。
現在、社団法人落語協会相談役を務めるなど、落語界を活性化させるべく、精力的な活動を展開する。


三遊亭小遊三

三遊亭 小遊三さんゆうてい こゆうざ

  • 1947(昭和22)年 山梨県出身
  • 1968(昭和43)年 三代目 三遊亭遊三に入門
  • 1969(昭和44)年 三遊亭遊吉として初高座
  • 1973(昭和48)年 二ツ目昇進 三遊亭小遊三となる
  • 1983(昭和58)年 真打昇進
    日本テレビ『笑点』大喜利メンバーに参加
  • 2001(平成13)年 文化庁芸術祭優秀賞受賞

日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーに加え、1986年結成、林家こん平が監督の『らくご卓球クラブ』ではヘッドコーチを務め、また春風亭昇太らも参加している噺家バンド『にゅうおいらんず』ではトランペットを担当するなど、実に多彩な顔をもつ落語家。
高校時代には卓球部のキャプテンを務め、東京オリンピック聖火ランナーにも選ばれた。さらに1966年度の山梨県卓球選手権で優勝し、近年は世界ベテラン卓球選手権大会にも出場を果たすほどの腕前を誇る。『笑点』の大喜利にも卓球で鍛え上げたセンスが冴え渡り、どんな出題にも核心を突いた答えを返し、会場を沸かせている。

またネタは幅広く、特に「大工調べ」「粗忽の釘」などの滑稽噺を得意としており、時流を踏まえながら独自のアレンジを加え、高座で披露している。
『笑点』大喜利でのキャラクターそのままに、明るく爽やかな弁舌で観る者を魅了する噺家だ。


三遊亭円楽

三遊亭 円楽さんゆうてい えんらく

  • 1950(昭和25)年 東京都生まれ
  • 1970(昭和45)年 五代目 三遊亭圓楽に入門
  • 1976(昭和51)年 二ツ目昇進
  • 1977(昭和52)年 日本テレビ『笑点』大喜利メンバーになる
  • 1979(昭和54)年 真放送演芸大賞最優秀ホープ賞を受賞
  • 1981(昭和56)年 真打昇進
  • 2010(平成22)年 六代目 三遊亭円楽を襲名

青山学院大学在学中に、五代目三遊亭圓楽にスカウトされて入門。27歳にして日本テレビ『笑点』大喜利のメンバーに加入し、林家木久扇に次ぐ古参メンバーとして今もなお活躍する。またこれまで数多くのテレビ・ラジオ番組に出演し、“楽ちゃん”“楽さん”の愛称と飾らない人柄で多くの落語ファンから愛されている。

本業においては、全国で独演会や落語会を積極的に開催し、落語人気の土台を支えている。
笑いや健康の大切さを説く講演会も、楽しく分かりやすいと評判。税に対する造詣も深く、税務大学校の講師を40年以上も務めている。還暦を迎えた2010年3月に、六代目円楽の名跡を襲名。40年以上のキャリアを持つゲートボールでは(公)財団法人 日本ゲートボール連合の評議員を務めている。

博多・天神落語まつりのプロデュースはもちろん、今年の春からは札幌落語まつりのプロデューサーも務め、東西の落語界の交流に力をそそいでいる。


笑福亭鶴瓶

笑福亭 鶴瓶しょうふくてい つるべ

公式
ホームページ
  • 1951(昭和23)年 大阪府生まれ
  • 1972(昭和47)年 六代目 笑福亭松鶴に入門 笑福亭鶴瓶となる
    同年、上方落語協会会員として登録
  • 2000(平成12)年 上方お笑い大賞を受賞
  • 2002(平成14)年 東京・国立大劇場にて
    春風亭小朝との二人会を実現
  • 2018(平成30)年 第69回 芸術選奨文部科学大臣賞 受賞

タレントとしてテレビやラジオで活躍しながら自由奔放な話芸を磨きあげ、全国的な人気を得る。50歳を前に古典落語への意欲を強め、2003年には、春風亭小朝、立川志の輔、林家正蔵、春風亭昇太、柳家花緑と共に『6人の会』を結成。

「らくだ」「死神」などの大ネタを大胆な演出で披露する一方、「青木先生」「オールウェイズおかあちゃんの笑顔」「かんしゃく」など、独自に構築した『私(わたくし)落語』の創作にも取り組んでいる。

11月1日には約10年ぶりの主演映画「閉鎖病棟」が公開される。累計発行部数80万部を超え、第8回山本周五郎賞に輝いたベストセラー小説が原作。


桂雀々

桂 雀々かつら じゃくじゃく

公式
ホームページ
公式
ブログ
  • 1960(昭和35)年 大阪府生まれ
  • 1977(昭和52)年 桂枝雀に入門 同年、初舞台
  • 2002(平成14)年 上方お笑い大賞 最優秀技能賞受賞
  • 2006(平成18)年 大阪府舞台芸術賞 奨励賞受賞
  • 2007(平成19)年 「桂雀々独演会 雀々十八番」を開催
  • 2010(平成22)年 「五十歳五十箇所地獄めぐり」を開始
  • 2017(平成29)年 芸歴40周年を迎える

小学生時代はテレビの視聴者参加番組の常連となり人気者に。中学生時代はテレビ番組のコーナーに登場して勝ち抜き、チャンピオンに輝く。
1977年、上方落語の桂 枝雀に入門。同年10月に桂 枝雀独演会にて初舞台を踏む。
2007年、「桂 雀々独演会 雀々十八番」をシアターBRAVAにて6日間開催。全公演完売の大成功を収める。2010年、「五十歳五十箇所地獄めぐり」を開始、全国行脚の開催で大きな話題となる。

そして、芸歴35周年を迎えた2011年。拠点を東京に移し、第1回目の国立演芸場では全席完売の大盛況で幕を降ろすほか、独演会はその後すべて完売を記録する。
2017年、芸歴40周年記念公演として、東京国際フォーラムをはじめ、新歌舞伎座、明治座など名地の大ホールで満席を収める。落語以外でもTV、映画、舞台など多岐の分野で活躍し、ドラマ「陸王」では嫌味な銀行支店長を演じ話題となる。

上方お笑い大賞最優秀技能賞(2002年)、大阪府舞台芸術賞奨励賞(2006年)など受賞歴も多数。著書に自叙伝『必死のパッチ』(幻冬舎)あり。


桂米團治

桂 米團治かつら よねだんじ

公式
ホームページ
公式
ブログ
  • 1958(昭和33)年 大阪府生まれ
  • 1978(昭和53)年 桂米朝に入門 桂小米朝を名乗る
  • 1992(平成04)年 大阪府民劇場奨励賞を受賞
  • 2005(平成17)年 兵庫県芸術奨励賞を受賞
  • 2008(平成20)年 五代目 桂米團治を襲名

人間国宝の三代目桂米朝を実父にもち“落語界のプリンス"と称される一方で、俳優としても芝居・映画・テレビに登場するなど、活躍のフィールドは幅広い。
多彩な経験と長年の精進に裏打ちされた、明るく軽やかな話術が評判を集めている。またミュージカルやクラシック音楽に造詣が深く、特にモーツァルトに傾倒。その趣味を活かして各地でオーケストラと競演し、オペラと上方落語の合体である『おぺらくご』という新分野を確立した。

伝統と共に独自の世界を探究する姿勢はかねてから高く評価されている。2008年には五代目桂米團治を襲名し、全国で披露公演を行って大きな話題に。全国で襲名披露を行うのは異例のケースではあるが、各地のチケットは軒並み完売を記録。改めて高い人気ぶりを示した。

襲名後は『王道を見失わずに歩む』を信条として本格的に古典落語に取り組んでおり、上方落語の大名跡として今後の活躍に期待が寄せられている。また先代が上方落語の歴史に残る名作「代書」を残していることを受け、自らも創作落語への意欲をにじませている。


柳亭市馬

柳亭 市馬りゅうてい いちば

  • 1961(昭和36)年大分県生まれ
  • 1980(昭和55)年五代目
    柳家小さんに入門
  • 1981(昭和56)年 柳家小幸として前座入り
  • 1984(昭和59)年 二ツ目昇進 柳家さん好に改名
  • 1993(平成05)年 真打昇進 四代目 柳亭市馬を襲名
  • 1996(平成08)年 国立演芸場花形演芸大賞 大賞受賞
  • 2010(平成22)年 落語協会副会長に就任、日本歌手協会会員
  • 2014(平成26)年 落語協会会長に就任

真打昇進と共に、名跡の市馬を襲名。テンポの良い語り口と美声、そして師匠・小さん譲りの軽妙な滑稽話を聴かせる落語の保守本流を行く噺家。
たまに自慢のノドを生かして相撲甚句や昭和歌謡などを噺に織り交ぜながらの「掛取万歳」「片棒」「味噌蔵」「七段目」などは絶品である。
歌う噺家としての存在が表に出ることが多いが、実は、本来はオーソドックスでポピュラーな噺に定評がある本格実力派である。
歌手としてCDデビュー、歌謡番組、歌謡祭にも出演し多才ぶりを発揮している。

『噺の風情をこわすことなく、その場のお客様に喜ばれるよう努める』『噺の幹のところを押さえて、見失わず、言葉遣いに責任をもつ』ことを信条とし、骨太な構成で常に聞き手を楽しませる話芸に、落語初心者から通まで幅広いファン層を唸らせる。
正統派古典落語の継承者として、今後の活躍に大きな期待が寄せられている。


桂竹丸

桂 竹丸かつら たけまる

  • 1957(昭和32)年 鹿児島県生まれ
  • 1981(昭和56)年 桂米丸に入門
  • 1985(昭和60)年 二ツ目昇進
  • 1991(平成03)年 国立演芸場花形演芸大賞 銀賞受賞、
    NHK新人演芸大賞 大賞受賞
  • 1993(平成05)年 真打昇進

1980年、日本テレビ『お笑いスター誕生!!』に出場。5週勝ち抜きを果たして銀賞を獲得。翌年『お笑いスター誕生!!』の審査委員長であった桂米丸に入門する。二ツ目昇進後は着々と頭角を現し、国立演芸花形演芸大賞で銀賞を、NHK新人演芸大賞では大賞を受賞。
歴史ものの新作落語を得意とし、『常に明るい高座をつとめる』をモットーに話芸に磨きをかけている。テレビ・ラジオへの出演も数多く、1999年にはMBCラジオ『日曜ワイド竹丸・とも子のみなみなサンデー』で、日本民間放送連盟賞ラジオ放送番組部門・九州沖縄地区審査会生ワイド部門 優秀賞を受賞。

特技は日本舞踊・若柳流で、歌舞伎座に2度の出演経験がある。
同郷の三遊亭圓歌、林家彦いち、春風亭柳之助らとともに地元鹿児島での落語会を定期的に開催。
また、「母と子の絆」「命の大切さや尊さ」に焦点を当てた『ホタルの母』を各地で行い、幅広い層から感動のメッセージが寄せられている。


春風亭昇太

春風亭 昇太しゅんぷうてい しょうた

  • 1959(昭和34)年 静岡県生まれ
  • 1982(昭和57)年 春風亭柳昇に入門 春風亭昇八を名乗る
  • 1986(昭和61)年 二ツ目昇進 春風亭昇太となる
  • 1989(平成 元)年 NHK
    新人演芸コンクール 優秀賞受賞
  • 1992(平成04)年 真打昇進
  • 2000(平成12)年 国立演芸場花形演芸大賞 大賞受賞、
    文化庁芸術祭 大賞受賞
  • 2016(平成28)年 日本テレビ『笑点』六代目司会者に就任
  • 2019(令和 元)年6月『落語芸術協会』会長に就任

新作落語の創作活動に加え、昇太独自の解釈で古典落語に取り組み、芸術祭大賞を受賞するなど、新作、古典を問わず高い評価を得ている実力派真打

TBSドラマ「小さな巨人」、映画「七つの会議」や、演劇への出演も多く役者として活躍し、ミュージシャンとのライブも意欲的に行うなど、ジャンルを越えて積極的に活動している。
また長年にわたる「城めぐり」が高じ、著書 小学館より「城あるきのすすめ」の出版、城郭フォーラムのパネラー、講演、城イベントの出演も多い。


林家たい平

林家 たい平はやしや たいへい

公式
ホームページ
公式
ブログ
  • 1964(昭和39)年 埼玉県生まれ
  • 1988(昭和63)年 林家こん平に入門 林家たい平を名乗る
  • 1992(平成04)年 二ツ目昇進
  • 1993(平成05)年 NHK新人演芸コンクール優勝受賞
  • 2000(平成12)年 真打昇進
  • 2008(平成20)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞、
    芸術選奨 文部科学大臣新人賞受賞

日本テレビ『笑点』大喜利のレギュラーメンバーとして、お茶の間でもすっかりお馴染みの林家たい平。師匠こん平ゆずりの、底抜けに明るくエネルギッシュなキャラクターで知られている。
有名人の声真似から動物の鳴き真似、花火の効果音といった多彩な芸に加え、流行のネタや芸能人のネタ、また生まれ故郷である秩父ネタを得意とする。古典落語にも独自の解釈とアレンジを加えながら果敢に挑戦し、落語初心者から通まで幅広い層を楽しませることができる、若手落語家の筆頭だ。

たい平ワールドと呼ばれる落語には老若男女数多くのファンを集め、定期的に行う独演会を中心に全国でも多くの落語会を行っている。毎年恒例となる『たい平の芝浜を聴く会』は今年で23年目を迎える。
新たな試みとして映画館で寄席の臨場感を味わえる映画館落語をプロデュース。落語ファンのすそ野を広げることに力を入れている。映画館落語第3弾の作品『もういちど』では映画初主演を務めた。
独演会や落語会、テレビ等を精力的に出演するなか、2010年4月から母校の武蔵野美術大学にて客員教授としても活躍している。


立川生志

立川 生志たてかわ しょうし

公式
ブログ
  • 1963(昭和38)年 福岡県生まれ
  • 1988(昭和63)年 立川談志に入門 立川笑志となる
  • 1994(平成06)年 にっかん飛切落語会 努力賞受賞
  • 1995(平成07)年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞受賞
  • 1996(平成08)年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞受賞
  • 1997(平成09)年 二ツ目昇進
  • 2002(平成14)年 NHK新人演芸大賞 審査員特別賞受賞
  • 2003(平成15)年 にっかん飛切落語会 日刊スポーツ特別賞受賞
  • 2008(平成20)年 真打昇進 立川生志に改名
    彩の国落語大賞 彩の国落語大賞受賞
  • 2009(平成21)年 横浜文化賞 文化・芸術奨励賞受賞
  • 2017(平成29)年 福岡市文化賞受賞

福岡大学卒業後、大手企業に入社し一旦は営業マンとなるが、子供の頃からの夢を叶えるため2年で退社、立川談志に入門する。談志も認める陽気な高座は前座時代から『賞ハンター』の異名を持ち、毎年のように賞を獲得している。
2008年4月、入門20年目にして落語立川流真打に昇進。立川生志と名を改めた。

真打昇進後に始めた独演会『ひとりブタ』(東京、横浜、名古屋、大阪、広島、北九州、福岡)は各地で好評を博しているが、近年では趣味の海外旅行を兼ねて欧州や米国での公演を意欲的に行っている。
2010年に博多座では初となる落語公演を師匠談志との『親子会』で実現させ、2012年からは兄弟子志の輔との『兄弟会』を毎年開催。

2013年12月、河出書房新社より『ひとりブタ 談志と生きた二十五年』を出版。
現在、FBS福岡放送『めんたいワイド』、RKBテレビ『サンデーウォッチ』、RKBラジオ『立川生志の世の中こげん面白かばい!』などにレギュラー出演中。
筑紫野市ふるさと親善大使を務めている。


柳家三三

柳家 三三やなぎや さんざ

公式
ホームページ
  • 1974(昭和49)年 神奈川県生まれ
  • 1993(平成05)年 柳家小三治に入門し 柳家小多けを名乗る
    新宿末廣亭にて初高座
  • 1996(平成08)年 二ツ目昇進 柳家三三と改名
  • 2006(平成18)年 真打昇進
  • 2007(平成19)年 文化庁芸術祭 大衆芸能部門で新人賞受賞
    映画『やじきた道中てれすこ』出演
  • 2009(平成21)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞
  • 2010(平成22)年 平成21年度花形演芸大賞 大賞受賞
  • 2016(平成28)年 平成27年度文化庁芸術選奨文部科学大臣
    新人賞 大衆芸能部門受賞

小学1年生で落語と出会い、中学時代から落語家を志す。『雰囲気が自分の波長としっくりくる。こんな落語家になりたい』と小三治のもとに入門。多数の高座をこなし、話芸に磨きをかけた。同世代の若手落語家のなかでは、人気実力共に抜きん出ている。
各地の寄席や独演会をはじめ、互いをライバルと認め合う上方落語の桂吉弥との二人会など様々なスタイルで高座をこなし、霞ヶ関イイノホールなどで開催される毎月恒例の独演会は、毎回チケットが完売するほどの好評ぶりだ。
一人ひとりの登場人物に対する確かな描写力、リズム感あふれる弁舌、そして斬新なアイデアで古典落語を再構成する独自のセンスには定評がある。

2007年に公開された落語映画『しゃべれどもしゃべれども』で、主演を務めた国分太一に落語指導を行っている。


三遊亭兼好

三遊亭 兼好さんゆうてい けんこう

公式
ホームページ
  • 1970(昭和45)年 福島県生まれ
  • 1998(平成10)年 三遊亭好楽に入門 三遊亭好作となる
  • 2002(平成14)年 二ツ目昇進 三遊亭好二郎と改名
  • 2007(平成19)年 にっかん飛切落語会 奨励賞受賞
  • 2008(平成20)年 林家彦六賞 受賞
    真打昇進 三遊亭兼好と改名
  • 2010(平成22)年 国立演芸場花形演芸大賞 銀賞受賞
  • 2011(平成23)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞
  • 2012(平成24)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞

大学卒業後、タウン誌記者や魚河岸などの職を転々としてから落語家に転身した変わり種。
前座時代は“前座のエース”と呼ばれ、早くから頭角を現す。二ツ目昇進後もメキメキと実力をつけ、2006年には「にっかん飛切落語会・努力賞」を受賞。翌年はさらに「にっかん飛切落語会・奨励賞」を受賞。
社会人経験で得た経験と感覚を見事に取り入れ、あらゆるネタを現代的な視点で切り取る卓越の構成力をもつ。特に論理的に噺を組立てていく噺家としても知られ、力強い声と巧みな演出力でどの演目でも兼好流に仕立て上げてしまう。
2008年に行われた真打昇進披露では、各会場とも大入りの大盛況に。一門の期待を一身に受ける、若手の成長株である。地元の会津では熱心な後援会が活動を展開しており、講演会の講師としても活躍する。

映画や時事ネタ、家族ネタなどをトピックに、味のある自筆のイラストとともに展開される絵日記エッセイが好評。東京かわら版にて「お二階へご案内~」を連載中。書籍化され好評発売中。高座以外でも兼好流の笑いを日々提供する。


江戸家小猫

江戸家 小猫えどや こねこ

  • 1977(昭和52)年 東京生まれ 四代目猫八の長男
  • 1985(昭和60)年 親子三代で初舞台を踏む
  • 1995(平成07)年 高校在学中にネフローゼ症候群を患う
  • 2009(平成21)年 立教大学大学院
    21世紀社会デザイン研究科に入学
    父、四代目猫八に入門
  • 2011(平成23)年 大学院修了後、二代目江戸家小猫襲名
  • 2012(平成24)年 三宅島自然ふれあい大使に任命
    高知県観光特使に任命
  • 2017(平成29)年 国立演芸場花形演芸大賞 銀賞受賞
  • 2018(平成30)年 国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞

ウグイス、カエル、秋の虫、江戸家伝統の芸はもちろん、テナガザル、アルパカ、ヌー、鳴き声を知られていない動物のネタも数多くある。日本全国の動物園との繋がりから、動物園イベントに出演する機会も増えている。

主な出演番組など

テレビ
NHK俳句(NHK)、マサカメTV(NHK)、初笑い東西寄席(NHK)、金曜バラエティー(NHK)、あなたの知らない上野駅(NHK BS)、徹子の部屋(テレ朝)、笑点(日テレ)、お笑い演芸館(BS朝日)
ラジオ
真打競演(NHK)、音まね工房(NHK)、おとおばけのぼうけん(NHK)、らんまんラジオ寄席(TBS)、おはようスプーン(ラジオ日本)、落語deデート(文化放送)、日曜はがんばらない(文化放送)